静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「8歳女子のネガティブ語録」の巻/子育てコラム「あすなろ」

(2016/10/28 12:31)
うまく弾けないピアノに向かい、ため息をつく8歳9カ月女子
うまく弾けないピアノに向かい、ため息をつく8歳9カ月女子

 最近、ネガティブ発言が多いわが家の8歳9カ月女子。
「わたしはダメな小学生。全然すごくない。もう生きてる資格なんか、ないっ!」
 文字にすると深刻に見えますが、口調はそうでもない。
「テストは0点だし、ピアノも弾けない。友だちは一人もいない。もう、世界一すごくない」「友だちはみんな、すごいところが200個ぐらいある。でも、私はゼロ」
 まあ、「不幸キャラ」を演じることで、自らに酔っているようなフシがあります。
 「『世界一すごくない』なんて、すごいことだ。世界の人口は70億人以上いるんだぞ。ぜひ、頑張ってくれ」と言いましたら、全力で立ち向かうことを約束してくれました。
 すごくない自慢はもう1パターンありまして。
「わたし、全然すごくない。早く、ハムにでもシュラスコにでもしておいしく食べて!」
 なんだか、現代詩っぽいです。
「生きてる資格なんかない」。このフレーズ、自分でも10代のころによく言ってたことを思い出します。親になって久々に聞きました。
 立場が変わると聞こえ方も変わるものです。8歳9カ月女子がこのフレーズを口にするたびに「あー、この人が生まれてくれて良かったなあ」という思いが強まります。そして、本人にもそれを伝えています。

(橋爪充)

子育てコラム「あすなろ」(788) 「8歳女子のネガティブ語録」の巻

あすなろの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト