静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

本格2人芝居、高校生挑戦 菊川で13日公演

(2019/1/13 09:07)
本番に向けて練習を重ねる松島さん(左)と原口さん=菊川市堀之内の菊川赤レンガ倉庫
本番に向けて練習を重ねる松島さん(左)と原口さん=菊川市堀之内の菊川赤レンガ倉庫

 榛原高演劇部2年の原口裕成さんと小笠高演劇部1年の松島里香さんが、13日に菊川市の菊川赤レンガ倉庫で2人演劇「ぐーたらLady」を公演する。菊川出身の漫画家小山ゆうさんの同名短編を基にした、約40分の本格舞台。演技力で作品の魅力を伝えようと猛練習を重ねている。
 浜松市の演出家松尾交子さんらが手掛ける高校演劇プロジェクトの一環。俳優志望でSPAC県民劇団「静岡県史」でも活動する2人が、自分たちの力だけでハイレベルな舞台を作り上げようと挑戦した。脚本は浜松市の作家狐野トシノリさんの書き下ろし。
 元芸能人の女性教師とファンだった男子中学生が、意外な素顔を見せ合いながら成長していく物語。2人は膨大なせりふを暗記した上、舞台装置や道具を使わず芝居だけで世界観を表現するため、冬休みをすべて練習に費やしてきたという。
 2人は「自分たちのイメージがお客さんに伝わるとうれしい」と本番を心待ちにする。公演は午後1時半と4時半の2回。入場料は大人1000円、学生500円。当日券もある。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト