静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

立ち直りへ折り鶴アート、浜松東署に展示 支援受ける児童生徒制作

(2019/1/11 09:01)
支援を受けた小中学生、高校生が制作した折り鶴アート作品=浜松東署
支援を受けた小中学生、高校生が制作した折り鶴アート作品=浜松東署

 学校や家庭で悩み、問題を抱える浜松市内の小中学生、高校生の立ち直り支援活動として、児童や生徒が制作したえとの亥(いのしし)をモチーフにした折り鶴アート作品が1月末まで、中区の浜松東署に展示されている。昨年同署に掲示したサクラなどの折り鶴を見た少年が「えとの作品を作りたい」と企画し、分担して約9カ月間掛けて制作した。
 折り鶴アートを手掛けたのは同署の浜松地区少年サポートセンター浜松東分室から支援を受けている少年少女10人。支援の一環として2018年4月から肌色や茶色、赤色などの折り鶴を折り、分担して約200羽を貼り付けてイノシシの子ども「うり坊」を形作った。
 発案した市内の男子中学生(15)は「最初は折り紙でイノシシができるのかなと思ったけれど、きれいにまとめることができて良かった」と振り返った。同分室の担当者は「自発的に取り組み、完成できたことで子どもたちは前向きになってくれた」と話した。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト