静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

完熟早生ミカン、出来良好 贈答用に高い人気 浜松・三ケ日

(2018/12/12 08:52)
収穫前の11月下旬、心として出荷予定の早生ミカンの状態を確認する河西さん=浜松市北区三ケ日町
収穫前の11月下旬、心として出荷予定の早生ミカンの状態を確認する河西さん=浜松市北区三ケ日町

 全国有数のミカンの産地、浜松市北区三ケ日町の同町柑橘(かんきつ)出荷組合は13日から、早生(わせ)品種を完熟させた商品「心」の集荷を始める。年内の贈答用として人気の高いブランドで、ことしは例年並みの107トン(前年比21トン増)の集荷を見込む。
 2005年から栽培がスタートした心は、11月初旬ごろから始まる早生ミカンの収穫を1カ月ほど遅らせて、樹上で熟成させた商品。鳥獣害や凍害に遭うリスクはあるが、食味が良く濃厚な色と味に仕上がる。通常の早生ミカンより高単価で取引されている。
 心を出荷するには水分を遮断するシートを園地に敷くマルチ栽培の実施など条件があり、手間が掛かるため毎年少量しか出回らない。ことしは生産農家29軒が出荷予定。
 心の栽培に毎年挑戦し、ことしは8トンを出荷する河西佳宏さん(48)は「食味が特に良く仕上がりは過去最高では。おいしさの増した早生ミカンを味わってほしい」と話した。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト