静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

立体駐車場に200メートル壁画 若手芸術家5人が制作 浜松

(2018/12/11 09:04)
壁画を制作する松下さん=浜松市中区
壁画を制作する松下さん=浜松市中区

 浜松市中区のビオラ田町立体駐車場で、国内外から集まった5人の若手アーティストがスロープに幅約200メートルの壁画を完成させた。
 駐車場を所有する丸八不動産グループの企画で、松下徹さんを中心とする5人が3日から制作を始め、7日間かけて壁画を仕上げた。
 テーマは「OPEN CITY」。外国人が多く住む浜松の多様性、スロープの構造的なおもしろさに注目し、この場所を選んだ。
 打ちっ放しのコンクリートにスプレーやはけでペンキを塗って車を擬人化したイラストや幾何学模様などを描いたり、写真を貼り付けたりと、それぞれ個性を発揮した。
 壁画の制作は、浜松を舞台にした文化活性化プロジェクトの一環。松下さんは「多様性が大切。プロジェクトに参加する人が増え、街中に絵があふれてくれれば」と述べた。
 同社の担当者は「車の通るスロープになるため、徒歩での観覧は控えてほしい」と話す。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト