静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

レタスを初収穫 浜松、中日本高速など共同出資の農業法人

(2018/12/11 08:06)
ロメインレタスを収穫する関係者=浜松市北区都田町
ロメインレタスを収穫する関係者=浜松市北区都田町

 中日本高速道路と野菜生産販売の鈴生(静岡市)が共同出資する農業法人「中日本ファームすずなり」(浜松市浜北区)が11月中旬から、浜松市の農地でレタスの収穫と出荷を進めている。法人設立後、初の収穫になる今季は来年4月ごろまでに約220トンの出荷を見込む。このほど同市北区都田町の畑で、収穫作業を公開した。
 市内約7ヘクタールで栽培しているのはシャキシャキとした食感が特徴のロメインレタス。カット野菜工場や外食チェーンに出荷している。将来的には高速道路のサービスエリアでの直販も視野に入れる。
 法人は耕作放棄地や農閑期の農地計約13ヘクタールを地元農家から借り、年間を通じて作物を栽培する。春には約35トン分の枝豆を定植する予定。中日本高速道路事業創造部の宮部敬治サブリーダーは「鈴生の栽培ノウハウを生かし、レタスと枝豆を中心に耕作面積を広げていく」と話した。
 中日本高速道路によると、高速道路会社の本格的な農業参入は初めて。農業従事者の高齢化や耕作放棄地の増加など高速道路沿線地域の課題解決を図る。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト