静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

園児が干し芋作り挑戦 浜松・天竜区

(2018/12/7 07:45)
干し芋作りに挑戦する園児=浜松市天竜区大谷の子育てセンターすぎのこ
干し芋作りに挑戦する園児=浜松市天竜区大谷の子育てセンターすぎのこ

 浜松市天竜区大谷の幼保連携型認定こども園「子育てセンターすぎのこ」(伊藤里佳園長)の園児約60人が5日、恒例の干し芋作りに同園で挑戦した。
 材料のサツマイモは11月上旬、園児が区内の畑で収穫した。蒸し上がった芋の皮を同園の職員がむくと甘い香りが広がり、園児が集まった。ホクホクの黄色い実を、食べやすい大きさにナイフで切り、網の上に並べた。
 約10日間園内で天日干しにし、年内には完成する予定。園児がおやつとして食べる。
 干し芋作りは地元有志の団体「ポンポンCLUB浜松」(宮地武夫代表)が毎年企画から協力し、実施している。園内に移動式のかまどを設置してまきで火をおこし、芋を3時間かけて蒸す工程から実演した。
 宮地代表は「災害時など、電気やガスが使えなくても煮炊きできることを伝えたい」と話した。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト