静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

天竜浜名湖鉄道、夜間も貸切列車 忘・新年会需要を開拓

(2018/11/16 08:54)
天竜浜名湖鉄道が運行する「貸切列車」を利用する地域住民ら=3日
天竜浜名湖鉄道が運行する「貸切列車」を利用する地域住民ら=3日

 第三セクターの天竜浜名湖鉄道は、通常列車運行ダイヤの昼の隙間を利用して提供する「貸切列車」で、12月にも夜の部を始める。同鉄道は今秋、台風24号などの影響で運休が相次いだ。忘・新年会需要を開拓し、業績巻き返しを狙う。
 貸切列車は運転士付きの車両を利用者が貸し切り、沿線を移動する。鉄道の旅情が楽しめ、車内でビールや地酒も提供可能。カラオケや楽器演奏にも対応する。
 これまでは昼間のみのため土日祝日の申し込みが多く平日は児童園児の遠足など、年間計100~120回程度利用されていた。夜の部は夕方から夜にかけて実施。地域住民や仕事帰りの会社員らの需要を開拓し、利用数倍増を目指す。
 同鉄道は9月中旬に大雨の影響による土砂崩壊で一部区間を、10月初旬には台風24号による停電の影響で全区間を数日運休した。貸切列車事業の拡大で収益の底上げを図る。
 1車両に最大52人乗車可能。料金は1人約3千円から。問い合わせは同鉄道<電053(925)2276>へ。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト