静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ロケ支援で地域活性化、全国入賞 浜松フィルムコミッション

(2018/10/19 08:18)
ジャパン・ツーリズム・アワードの表彰状などを手にする浜松市職員=18日午前、市役所
ジャパン・ツーリズム・アワードの表彰状などを手にする浜松市職員=18日午前、市役所

 浜松市内での映画やドラマなどの撮影を支援する市の組織「浜松フィルムコミッション」がこのほど、観光振興で成果を上げた団体を表彰するジャパン・ツーリズム・アワードなど全国規模の二つの賞で入賞した。撮影支援件数が3年間で倍増し、ロケ地巡りなどの観光の発展に寄与していることなどが評価された。
 同アワードは、観光業界の国際見本市「ツーリズムEXPOジャパン」の実行委員会が主催し、観光に携わる261の団体、企業が応募した。このうち浜松フィルムコミッションは、国内・訪日領域地域部門で入賞した。
 2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の撮影支援や作品を活用した経済振興なども評価され、NPO法人ジャパン・フィルムコミッション主催のJFCアワードの優秀賞にも輝いた。
 同コミッションは、3年連続で200日以上の撮影を支援するとともに、ホームページやパンフレットなどを通じた情報発信に力を入れている。18年度は4~9月で既に映画やドラマなど99件(前年同期比11件増)と過去最高のペースで撮影を支援している。ホームページの訪問者数5万4739件(同4881件増)、プレビュー数18万6559件(同1万6012件増)も過去最高という。
 市フィルムコミッション推進室の神崎千賀子室長は「撮影支援に協力的な市民が増えている。今後も海外の制作者なども含めて撮影を誘致し、さらに地域を盛り上げたい」と話した。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト