静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

味わう楽しさ、料理人から 浜松三方原小で「食の都の授業」

(2018/10/18 07:50)
岡部さん(左)の中華包丁さばきを見て喜ぶ児童=浜松市北区の三方原小
岡部さん(左)の中華包丁さばきを見て喜ぶ児童=浜松市北区の三方原小

 味に関する知識や料理の楽しさなどを伝える県の出前講座「食の都の授業」が17日、浜松市北区の市立三方原小で開かれた。5年生約120人が、県認定の「ふじのくに食の都づくり仕事人」の料理人と交流し、食への関心を高めた。
 市内の料理人4人が4クラスに分かれて指導を行った。中区の中国料理店の料理長岡部悟さん(64)は砂糖やチョコレートなどを児童に試食させ、甘みや苦みなどの味覚を説明。「食感に集中して味わうと料理も一段とおいしくなる」と助言した。中華包丁で野菜を素早く切るプロの技も実演し、子どもたちを喜ばせた。女子児童(10)は「味覚の説明のときになめた塩がとてもしょっぱく感じた。包丁さばきも格好良かった」と話した。
 同講座は市内では24日に浜名小(浜北区)、30日に気賀小(北区)でも開かれる。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト