静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

秋彩る「森のまつり」 11月2日開幕、14地区屋台が練り

(2018/10/17 08:23)
祭りのPRポスター=森町役場
祭りのPRポスター=森町役場

 森町中心部の秋を彩る「遠州森のまつり」が11月2日から4日にかけて開かれる。14地区の屋台が練りを繰り広げ、遠州の秋祭りの最後を飾る。
 初日は正午に三島神社での神事で幕を開ける。午後5時ごろから城下地区、同7時半ごろからは森地区に全屋台が集結する。中日は三島神社を午後1時40分に出発し、金守神社へみこしを渡御する。最終日は還御へ金守神社を午後0時半にたつ。クライマックスは同日午後6時からの舞児還し(まいこがえし)。神事に仕えた子供たちを三島神社から屋台に乗せ、親元に送り届ける。
 町産業課によると、祭りは三島神社の例祭として古くから執り行われてきた。秋葉街道の宿場町として栄えた江戸時代、商店の使用人が氏神の祭りの当日に主人から祭日として無礼講を許されたのが「けんか祭り」とも称される激しい練りの起源という。
 問い合わせは町観光協会<電0538(85)6316>へ。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト