静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

トラフグで観光振興 浜松で祭り開幕、遠州灘産に舌鼓

(2018/10/10 08:18)
遠州灘で水揚げされた天然トラフグの刺し身=9日午後、浜松市西区
遠州灘で水揚げされた天然トラフグの刺し身=9日午後、浜松市西区

 遠州灘特産の天然トラフグで観光振興を図る「天然とらふぐ祭り」が9日開幕し、浜松市西区舘山寺町のホテルでオープニングセレモニーが開かれた。2019年2月末まで同町を中心に浜松や湖西市内の飲食店、宿泊施設で地元のふぐ料理が提供される。
 宿泊施設の管理、支援などを行う「かんざんじ温泉事業協同組合」の主催イベント。町内の飲食店や旅館など19店舗に加え、提供を希望する浜名湖周辺の店にも地元で水揚げされた天然トラフグを広め、地場食材のさらなるブランド化を進める。
 オープニングセレモニーでは8日に今年の初漁となったトラフグの刺し身や唐揚げなどが並んだほか、地元で売り出し中の「はもカバ丼」なども振る舞われ、観光関係者ら約100人が舌鼓を打った。同組合の金原貴理事長は「貴重な天然トラフグを販売できるのは光栄なこと。フグを食べに多くの人が浜松、浜名湖を訪れてほしい」とあいさつした。
 浜名漁協によると、8日の初漁では例年よりも大ぶりのフグが水揚げされたという。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト