静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

横尾歌舞伎の稽古大詰め 浜松・引佐、13、14日公演

(2018/10/8 09:15)
公演に向けて通し稽古に励む出演者=浜松市北区引佐町の東四村農村コミュニティーセンター開明座
公演に向けて通し稽古に励む出演者=浜松市北区引佐町の東四村農村コミュニティーセンター開明座

 浜松市北区引佐町横尾、白岩地区に伝わる県指定無形民俗文化財「横尾歌舞伎」の公演が13、14日、同町の東四村農村コミュニティーセンター開明座で開かれる。本番を目前に控え、保存会や地元小学生の稽古が大詰めを迎えている。
 横尾歌舞伎は役者、義太夫、三味線などを全て地元住民で担当するのが特徴。横尾歌舞伎少年団による「白浪五人男 稲勢川勢揃の場」や、11月にロシア・サハリン州でも演じる「菅原伝授手習鑑 車曳きの場」など4演目を両日の公演で披露する。
 6日夜の練習では演目の一つ「寿式三番叟(さんばそう) 宝の入船」の通し稽古が開明座で行われ、本番さながらの緊張感の中、出演者は三味線の音色、義太夫の語り、振り付けを確認し演技に磨きを掛けた。両日とも午後4時開演。入場無料。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト