静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

浦川歌舞伎熱演、ファン魅了 浜松・天竜区佐久間

(2018/9/23 09:11)
大見えを切る子どもに大量のおひねりが投げられる会場=浜松市天竜区の旧浦川中体育館
大見えを切る子どもに大量のおひねりが投げられる会場=浜松市天竜区の旧浦川中体育館

 浜松市天竜区佐久間町浦川に伝わる「浦川歌舞伎」の第30回公演が22日、同町の旧浦川中体育館で開かれた。保存会員や児童らが特設舞台「旭座」で4幕を熱演し、節目の公演に訪れた県内外からのファンを魅了した。
 竹本の歌うような語りで幕が上がった一幕目は、13年ぶりに演じる「信州川中島合戦 輝虎配膳」。長尾輝虎(後の上杉謙信)と名軍師・山本勘助の母である越路とのもめ事を描いた時代物で、刀や琴などの小道具を使った動きのある演技が観客を引き込んだ。
 市立浦川小の児童が出演した「白浪五人男 稲瀬川勢揃いの場」で会場の盛り上がりは最高潮に。300人以上の観客の前で日本駄右衛門、弁天小僧、忠信利平、赤星十三郎、南郷力丸に扮(ふん)した児童が順番に大見えを切りながら名乗りを上げると、客席から大きな声援と大量のおひねりが飛んだ。
 「恋女房染分手綱 重の井子別れ」「身替座禅」も上演。友情出演した雄踏歌舞伎保存会は、祝いの舞「寿式三番叟」を披露した。
 浦川歌舞伎保存会の広野勝也会長(74)は「多く支えがあり第30回にたどり着いた。感謝でいっぱい」と感慨深げにあいさつした。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト