静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「海の湖HAMANAジェンヌ」発足 浜名湖周辺、SNSで発信

(2018/9/18 08:57)
委嘱状を受け取った「海の湖HAMANAジェンヌ」のメンバー=浜松市中区
委嘱状を受け取った「海の湖HAMANAジェンヌ」のメンバー=浜松市中区

 浜松、湖西両市の地域連携DMO(観光地経営組織)「浜松・浜名湖ツーリズムビューロー」は16日、社会への影響力が大きい地元女性の公式チームとして発足した「海の湖HAMANAジェンヌ」の委嘱式を浜松市中区で開いた。地域で活躍している発信力の高い女性が、浜松・浜名湖地域の魅力を会員制交流サイト(SNS)などで発信していく。
 委嘱を受けたのはフリーアナウンサーや大学生、モデル、カメラマンなど両市に住む20~40代の11人。30~40代や家族連れの観光客が多い同地域で、若者や女性ら新たな客層の獲得を目指してチームを立ち上げた。
 式では伝統の浜松注染染めの浴衣を身に着けたメンバーが、同DMOの前田忍事業本部長から委嘱状や名刺、弁天島の鳥居などをデザインしたスカーフを受け取り、それぞれ意気込みを語った。
 浜松学院大3年の大石美智華さん(20)は「20年間住んでいる浜松の魅力を多くの人と共有していきたい」と話した。遠州の染め物や織物の魅力を発信している広上明子さん(48)は「当たり前すぎて気付いていない地元の素晴らしさを伝えたい」と述べた。
 前田事業本部長は「感度の高い女性にリアルで旬な情報を発信してほしい」と呼び掛けた。
 任期は2019年3月31日まで。メンバーはSNSのツイッターや写真共有アプリ「インスタグラム」などで、個人のアカウントを利用してそれぞれが魅力的に感じた食や風景などを伝えていく。同DMOが実施する体験プログラム事業にもモニターとして参加し、プログラムの企画改善も図る。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト