静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

返礼は稲刈り体験 ふるさと納税者30人参加 湖西市

(2018/9/11 07:38)
米の収穫体験を楽しむ参加者=湖西市吉美
米の収穫体験を楽しむ参加者=湖西市吉美

 湖西市は9日、ふるさと納税の返礼品として、静岡県内外の親子連れらを対象に稲刈り体験を提供した。約30人が参加し、自分たちで田植えをした米の収穫を楽しんだ。
 稲刈りをしたのは、内山農園が管理する同市吉美の田んぼ。ふるさと納税の申込者が5月にコシヒカリの苗を植えていた。参加者は鎌を使い、稲を根元から刈り取っていった。稲をまとめてわらで縛る方法を教わったり、収穫した稲の重さや水分量を測定できる最新型のコンバインを見学したりした。
 家族4人で参加した浜松市中区の小学2年の男子児童(8)は初めての稲刈りを体験し「やっているうちにだんだん慣れてきた。いつものご飯と食べ比べてみたい」と笑顔を見せた。
 市はふるさと納税の体験型返礼品として、本年度初めて田植えと稲刈りができるコースを用意。1万5千円で精米10キロ、3万5千円で玄米30キロを贈る。収穫したのは農薬や化学肥料の使用を5割削減した特別栽培米で、9月中に納税者に届く予定という。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト