静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

三輪走行ロボ動いた 浜松・広沢小6年生がプログラミング体験

(2018/9/6 07:54)
想定した通りに動いたロボットに歓声を上げる児童=浜松市中区の静岡大
想定した通りに動いたロボットに歓声を上げる児童=浜松市中区の静岡大

 浜松市立広沢小(中区)の6年生は5日、静岡大工学部(同区)でロボットのプログラミングなどを学ぶ「ロボット講座」を受講した。
 工学部の東直人教授の指導で、3クラスの約90人が、三輪走行ロボット「ミュウロボ」が出題されたルートを走行するように前進や回転などの動作を制御するプログラムをパソコンを使い作成。通信ケーブルでミュウロボとつなぎ、データを送信した。
 多くの児童がミュウロボを想定通りに動かせなかったが、何度もプログラムを書き直してルートを完走させることができると児童から歓声が上がった。東教授は「勉強ではないので、できなくてもがっかりせずに」と声を掛けた。
 女子児童(11)は「こんなに簡単にできるんだと思った。次は自分だけのプログラムを作ってロボットを動かしてみたい」と意欲を見せた。
 残り2クラスの児童も、6日に同講座を受ける。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト