静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ロシア料理店、ブラジル食材店…浜松多文化スポット探訪いかが?

(2018/8/15 09:03)
記念誌刊行記念イベントへの参加を呼び掛ける植野さん=浜松市中区
記念誌刊行記念イベントへの参加を呼び掛ける植野さん=浜松市中区

 浜松市の若手建築家のグループ「メディアプロジェクト・アンテナ」と浜松国際交流協会は25日、同協会35周年記念誌の刊行記念イベントとして市内の多文化スポット巡りなどをする「世界の人と暮らしてみえる地域」を開く。
 アンテナは外国人や多文化を取り上げた無料冊子「ミエル」を2015年に発刊。その制作メンバーらも関わった同協会記念誌は、浜松で暮らす外国人のファッションやお薦めの飲食店、暮らし、家庭の味などを掲載した。雑誌のようなしゃれた装丁や編集に反響があった。イベントは二つの冊子を有効活用してもらおうと企画した。
 1部(午後3~7時)は、記念誌に掲載されたJR浜松駅周辺の外国人教室やロシア料理店、ブラジル食材店などディープな多文化スポットを訪ね、ブラジル料理の調理に挑戦する。定員20人。
 2部(午後7時半~9時)は、中区田町のカギヤビルに編集者の影山裕樹さんを招き、記念誌編集に携わった建築家、デザイナーらと、地域プロジェクトの発信や伝え方を議論する。定員40人。
 司会を務めるアンテナの植野聡子さんは「編集者やデザイナーの多文化の捉え方を楽しんでほしい。新しい浜松の見え方が発信できれば」と話す。参加費2千円。参加者にはミエルと記念誌を配布する。問い合わせは同協会<電053(458)2170>へ。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト