静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

オジギソウ、フタゴヤシ…不思議な植物紹介 浜松・西区

(2018/8/15 08:57)
オジギソウをつついて遊ぶ家族=浜松市西区のはままつフラワーパーク
オジギソウをつついて遊ぶ家族=浜松市西区のはままつフラワーパーク

 浜松市西区のはままつフラワーパークの大温室で、見た目が変わった植物や食虫植物などを集めた「不思議な植物展」が開かれている。9月2日まで。
 メロンパンのような色と形をした「ディスキディア」や葉についた毛の粘液で虫を捕まえる「モウセンゴケ」など、約50種を展示している。それぞれの植物には「あくまのつめ」や「煙の出ない煙管(きせる)」などのキャッチコピーを記した説明文も付けられている。
 葉に触れると合わさって閉じる「オジギソウ」や最大で重さ30キロにもなる「フタゴヤシ」の種なども並び、来園者が興味深そうに触っている。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト