静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「葛布」振興策提案へ 多摩美大生、掛川で製作体験ツアー

(2018/8/10 08:58)
昔ながらの織機を使って葛布を織る学生=掛川市城下の小崎葛布工芸
昔ながらの織機を使って葛布を織る学生=掛川市城下の小崎葛布工芸

 掛川市に残る伝統工芸、葛布の共同研究を進めている市と多摩美術大は7~9日、葛布づくりの体験ツアーを市内で開いた。同大の深津裕子教授(静岡市在住)と学生4人が材料の採取から加工、布織りまでの工程を体験し、産業としての課題や可能性を探った。学生たちは今後報告書をまとめて市に振興策を提案する。
 市と同大は担い手不足に悩む葛布産業の振興策を考える共同研究を重ねていて、昨年度は学生がデザインした葛布作品の展示などを行った。今回はさらに糸を作る作業から始めるため、掛川に3日間滞在した。昔ながらの製法で糸を作っている倉真・初馬地区の民家でつるを煮たり干したりし、小崎葛布工芸の工場で布に仕立てた。
 4年の森さつきさんは「手間がかかるが面白い技術で、今も産業として継承しているのはすごい。若い感覚で活性化の方法を考えてみたい」と話し、佐藤真衣さんは「高級感があり日本らしい素材。需要はあると思う」とアイデアを巡らせた。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト