静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

観光情報、母国語で手軽に 訪日外国人向け発信 浜松

(2018/7/10 08:10)
簡単に観光情報が得られるNFCタグを掲げる前田事業本部長(右)と石長管掌補佐=浜松市中区
簡単に観光情報が得られるNFCタグを掲げる前田事業本部長(右)と石長管掌補佐=浜松市中区

 浜松・浜名湖ツーリズムビューローとオリックス(本社・東京都港区)は7月中旬から、訪日外国人観光客がスマートフォンを使って簡単に観光情報を入手できる情報案内サービスを始める。両者が9日、浜松市中区で連携協定を締結した。
 簡単でストレスなく、滞在中の観光客に地域の観光情報を発信するサービスで全国35自治体・団体が導入。街歩き促進による観光消費の増大を狙う。
 NFCタグや専用コードにスマートフォンをかざすだけで、全国共通のフォーマットで整理された、その地域の情報が母国語で表示される。宿泊、飲食、体験などの項目を選択すると、同ビューローが提供する情報サイト「浜松だいすきネット」に誘導。同サイトが対応する日本語、英語、タイ語、韓国語、中国語(繁体字、簡体字)の5言語で表示する。
 自治体側は利用履歴から、観光客の動線を把握でき、観光戦略の分析に役立てることができるという。同ビューローは今後、計500カ所余りに専用タグ・コードを掲示していく。同社オープンイノベーション事業部の石長浩之管掌補佐とともに協定書に署名した同ビューローの前田忍事業本部長は「サービス導入で外国人がより長くこの地域に滞在するようになると期待している」と述べた。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト