静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

開館47年、入館250万人達成 浜松市美術館で式典

(2018/6/30 08:32)
入館者250万人目となった塩崎さん(中央)と西尾さん(右)=浜松市中区の市美術館
入館者250万人目となった塩崎さん(中央)と西尾さん(右)=浜松市中区の市美術館

 浜松市美術館(浜松市中区)の入館者数が29日、開館47年で250万人に達し、関係者が同館で開かれた式典で節目を祝った。
 250万人目となったのは、ともに初めて訪れた塩崎拓朗さん(24)=浜北区=と西尾優美さん(24)=中区=のカップル。同館では現在、スタジオジブリ作品「火垂るの墓」の作画監督や「耳をすませば」の監督などを務めた故近藤喜文さんの作品を紹介する展示会が開かれていて、2人は「展示会を目当てに来たが、(250万人目となり)いい思い出になった」と笑顔で話した。
 鈴木康友市長は「ますます愛される美術館として発展してほしい」と願い、2人に認定証や記念品を手渡した。
 同館は1971年に静岡県内初の公立美術館として開館し、ことし4月にリニューアルオープンした。ガラス絵や浮世絵版画など約7千点を所蔵し、これまでに日本洋画展など574回の展覧会を開いてきた。
 近藤喜文展は9月9日まで。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト