静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

浜松大空襲の犠牲者を慰霊 若者、平和へ誓い

(2018/6/19 08:57)
犠牲者の冥福を祈り献花する参列者=浜松市中区
犠牲者の冥福を祈り献花する参列者=浜松市中区

 太平洋戦争末期に多くの人命を奪った浜松大空襲の日に当たる18日、浜松市戦災遺族会(飯田末夫会長)は中区で市戦災死者慰霊祭を開いた。遺族ら約100人が献花して犠牲者の冥福を祈り、平和の尊さの継承を誓った。
 飯田会長は「この平和と繁栄は多くの戦災死者の尊い犠牲の上に築かれたものであることを、片時も忘れてはならない。遺族のつらく、悲しい思いを受け継ぎ、戦争のない世の中の実現に向けて努力することを約束する」と式辞を述べた。
 若者を代表して西遠女子学園高2年の伊藤奈緒さんが「私たち中高生は、戦争の悲惨さや平和の尊さを後世に伝えていき、日本を二度と戦争をしない国にする使命がある。浜松から争いのない世界をつくっていくための努力を重ねていく」と述べた。
 市によると、旧浜松市では計27回、米爆撃機の空襲や艦砲射撃を受けた。1945年6月18日の浜松大空襲では、6万5000個の焼夷(しょうい)弾が投下され、1157人が犠牲になった。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト