静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

磐田・東部小児童がウオーク 郷土の歴史・文化探る

(2018/5/25 08:33)
前島密の胸像を見学する児童=磐田市のJR磐田駅南口
前島密の胸像を見学する児童=磐田市のJR磐田駅南口

 磐田市立東部小は23日、名所旧跡を見学する「歴史探検ウオーク」を市内の各所で行った。6年生約120人がグループごとに文化財を見て回り、郷土の歴史や文化への理解を深めた。
 JR磐田駅周辺の6カ所を巡る「国分寺コース」と見付本通り周辺の7カ所を回る「東海道コース」に分かれ、地元のボランティアガイドから説明を受けながら市内を散策した。
 国分寺コースでは、同駅南口にある明治時代の政治家前島密の像や磐田農業高内にある澄水山古墳などを見学。ガイドらが「前島密は日本の郵便制度を確立した人。明治時代に磐田に赴任した」「古墳は約1500年前に作られたとされる。戦時中に防空壕(ごう)を掘っていた時に、太刀などが発見された」と説明すると、児童は熱心にメモを取った。
 国分寺コースを回った児童(12)は「通ったことのある道にも気付かなかった文化財があり、磐田に深い歴史があると知って驚いた」と話した。
 児童は今後、活動で学んだ情報や知識をまとめ、磐田の歴史施設などを紹介するパンフレットを作るという。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト