静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

菊川の小中生が栽培、開発 「本気のハーブティー」販売 掛川

(2018/5/15 08:16)
自慢の商品をPRするメンバーら=掛川市大池のきみくらカフェ
自慢の商品をPRするメンバーら=掛川市大池のきみくらカフェ

 ハーブティーの生産販売などに取り組むプロジェクト「菊川ジュニアビレッジ」に参加する小中学生は12日、オリジナル商品の販売会を掛川市大池の緑茶カフェ「きみくらカフェ」で開いた。
 販売したのは、紅茶に甘味植物「ステビア」を合わせた「本気のハーブティー」。これまでメンバーが会議を重ねて販売戦略を練ってきた。販売会では2018年度の新規加入メンバーを含む計7人が参加。同カフェを訪れた客に「無糖ですが甘いですよ」などと声を掛けながら試飲を勧め、自慢の主力商品をPRした。
 17年度からプロジェクトに参加する落合馨子さん(常葉大菊川中1年)は「夏の暑い時期に草刈りをするのが本当に大変だった」と振り返り、「昨年度を超える売り上げを目指したい」と意気込んだ。
 同プロジェクトの対象は小学6年生から中学2年生まで。新規メンバーも随時募集中。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト