静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

森町の鹿肉ソーセージいかが 袋井・グルメスタジアムに初出品

(2018/5/15 08:00)
鹿肉フランク「鹿之助」を提供する山崎道さん=12日、森町の割烹久松
鹿肉フランク「鹿之助」を提供する山崎道さん=12日、森町の割烹久松

 19、20の両日に袋井市のエコパスタジアムで開かれる「エコパグルメスタジアム2018」(実行委、静岡新聞社・静岡放送など主催)に、森町観光協会が鹿肉のソーセージ「鹿肉フランク『鹿之助』」を初出品する。
 鹿之助は同町の「割烹久松」店主の山崎道さん(41)が開発。1本約70グラムで、香辛料と塩味を効かせてアルコール類にも合うよう仕上げた。商品名は戦国武将山中鹿之助が森町にゆかりがあるとされることから名付け、山中家の末裔(まつえい)という書家杭迫柏樹さん(同町出身)にのぼり旗などの題字を依頼した。
 当日は500円で串に刺して販売。山崎さんは「まずは存在を認知してもらい、料理を通じて森町の活性化につなげたい」と意気込む。
 同イベントは10回目の今回を期に「B級グルメスタジアム」から名称を変更した。三島市の「みしまコロッケ」や仙台の牛たん焼をはじめとした県内外の品々約60品が集まる予定。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト