静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

豊田佐吉の精神継ぐ 湖西少年少女発明クラブ開講式

(2018/5/13 08:08)
クラブの目標を唱和する児童代表(手前)=湖西市山口の豊田佐吉記念館
クラブの目標を唱和する児童代表(手前)=湖西市山口の豊田佐吉記念館

 湖西市内の小学3~6年生にものづくりの面白さを教える湖西少年少女発明クラブ(事務局・市教委)の第42期開講式が12日、同市山口の豊田佐吉記念館で開かれた。本年度は87人が参加し、郷土の偉人・豊田佐吉の精神を学ぶ。
 クラブは2月まで15回の活動を予定。学年ごとに分かれ、こまや紙飛行機などを工作するほか、ITロボットや3Dプリンターを利用してプログラミングも体験する。
 中村哲也会長はあいさつで「地元企業の協力で先端技術にも触れられるものづくりを企画した。失敗しても最後まで諦めず、完成を目指してほしい」と激励した。
 クラブ員を代表し、井上慶祐君(鷲津小6年)と田内琴子さん(同)が「仲間と協力し合い、創意工夫と努力することの大切さを学びます」とクラブの目標を唱和した。閉式後、参加者は家族と同館を見学した。
 豊田佐吉(1867~1930年)は同市で生まれた。自動織機などを発明し、トヨタグループの礎を築いたことで知られる。昨年生誕150年を迎えた。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト