静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

菊川で新茶初取引 静岡県内トップ切りJA遠州夢咲

(2018/4/17 09:03)
取引が成立し、手合わせで祝う茶業関係者=菊川市のサエリア
取引が成立し、手合わせで祝う茶業関係者=菊川市のサエリア

 JA遠州夢咲サエリア(菊川市)は16日、静岡県内のトップを切って新茶の初取引を行った。週末の雨天で大半の工場が生産を見合わせ、上場したのは牧之原茶農協、共栄茶農協(いずれも同市)2工場のやぶきたなど3口32・19キロ。1キロ当たり最高値は5万5千円、平均9206円で、いずれも昨年の初取引よりやや高かった。18~20日には管内各地の茶が出そろう見通しだという。
 初取引は昨年より9日早い。3月に入ってからの高温で新芽の生育が進んだためで、堀内和清組合長は「今年は八十八夜商戦に向けて十分な量を供給したい」と意気込んだ。
 関東から訪れた茶商は「うまみが強く、初物としては相当良い」と高評価。同JA担当者も「冬の低温のおかげで芽が充実し、味が濃くなっている」と分析した。一方、生産者の1人は「側芽が意外に少なく、一番茶の生産量がどれだけ伸びるかは見通しにくい」と話した。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト