静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

北遠の特産品いかが 水窪で春まつり、佐久間では物産市

(2018/4/10 08:08)
ヤマメの串焼きなど地場産品が販売された「国盗り」の春まつり=浜松市天竜区水窪町
ヤマメの串焼きなど地場産品が販売された「国盗り」の春まつり=浜松市天竜区水窪町
採れたての山菜や加工品が並ぶ「さくマルシェ」=浜松市天竜区の佐久間ダム湖岸広場駐車場
採れたての山菜や加工品が並ぶ「さくマルシェ」=浜松市天竜区の佐久間ダム湖岸広場駐車場

 浜松市天竜区水窪町と佐久間町で8日、春まつりや物産市が開催され、市内外からの来場者でにぎわった。地域の盛り上げに貢献しようと、地元商店や住民団体が北遠の味覚や体験などをPRする多彩なブースを設けた。
 水窪町の地場産品直売所兼食堂「国盗り」は、恒例の春まつりを開催した。鹿肉やジャガイモ、ヤマメの串焼きを販売したまちおこし団体「ここほれワンワン塾」のブースをはじめ、食や木工・陶芸、植栽など九つの出店が並んだ。木工体験や住民バンドの演奏などもまつりを盛り上げた。
 国盗りの守屋盛明店主(66)は「町がにぎわってほしいと願って毎年開催している」と笑顔を見せた。
 佐久間町の佐久間ダム湖岸広場駐車場では、天竜商工会佐久間支部が「さくマルシェ」を初開催。同支部会員の縁側カフェ「結」、ミキの会、五平餅のまるふく、山香ふるさと村が地場産品や加工品を販売した。ツーリング客らが次々と足を止め、熱々の五平餅を味わい、同町内産の蜂蜜や新鮮な山菜などを買い求めた。
 マルシェは今後、毎月第2、第4日曜日などに開催する。長谷川国弘実行委員長(72)は「地域を盛り上げる新たなイベントとして育てたい」と話した。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト