静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

浜松がんこ祭、演舞熱く 113チーム6000人

(2018/3/11 08:32)
熱気あふれる演舞を披露する参加者=浜松市中区の市ギャラリーモール・ソラモ
熱気あふれる演舞を披露する参加者=浜松市中区の市ギャラリーモール・ソラモ

 全国のよさこい踊り愛好家が集う第18回浜松がんこ祭(同実行委主催、静岡新聞社・静岡放送特別協力)が10日、浜松市中区の市ギャラリーモール・ソラモや浜松城公園などで開幕した。113チーム約6千人が11日まで、中心市街地で熱気あふれる演舞を繰り広げる。
 遠州地方の方言で「すごい」を意味する「がんこ」を冠にした同イベントは、「楽器を持って踊る」「地域に由来する曲が盛り込まれている」ことが基本ルール。チームの人数や一般・学生別で4部門6ブロックのコンテストを開催し、審査員が踊りや曲、衣装、好感度のほか、今回から審査基準として加わった鳴子以外の楽器を使ったPRなどの観点で、各チーム6分間の演舞を採点した。
 各チームは街中に設けられた各会場で、採点に関係ない「お披露目演舞」も行い、躍動感あふれる踊りで観衆にアピール。華やかな衣装を身にまとった踊り子が鳴子や太鼓を鳴らし、力強い掛け声とともに一糸乱れぬ踊りを披露した。
 11日は決勝審査を行い、学生チームの頂点を決める「全日本よさこい学生選手権」の王者、全部門の最優秀賞「浜よさ大賞」などを決定する。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト