静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

すみれの花、宝塚市に寄贈 白井氏の故郷、浜松から

(2018/3/6 08:59)
浜松市天竜区春野町で育てたスミレを植え付ける岡部区長(前列右から3人目)ら=兵庫県宝塚市の「花のみち」(同区春野協働センター提供)
浜松市天竜区春野町で育てたスミレを植え付ける岡部区長(前列右から3人目)ら=兵庫県宝塚市の「花のみち」(同区春野協働センター提供)

 宝塚歌劇団の愛唱歌「すみれの花咲く頃」を訳詞した演出家の故白井鐵造氏の故郷、浜松市天竜区春野町の「はるのふるさと力向上委員会」(伊藤晋一郎委員長)は3日、兵庫県宝塚市を訪れてスミレ200鉢を寄贈した。両市関係者約60人が宝塚大劇場前の「花のみち」花壇で定植作業を行った。
 委員会は同町の自治会連合会や観光・文化協会、協働センターで構成。スミレは住民有志でつくる犬居すみれ会メンバーらが町内で育てた。寄贈式には岡部昌之天竜区長と中川智子宝塚市長も参加し、花壇の土を掘り起こしてスミレの苗を植える定植作業を一緒に行った。
 白井氏(1900~83年)は旧春野町出身。町は白井氏の生誕100年を記念し、2000年から宝塚市へのスミレ贈呈を開始した。同町が浜松市に合併されてからも毎年贈り、これまでに贈った数の合計は3千鉢を超えるという。同区春野町の市立春野中の3年生は毎年、修学旅行で宝塚歌劇団を観劇している。
 12年には宝塚市長が浜松市を訪れて犬居すみれ会に感謝状を贈ったり、16年には宝塚市の中学生が春野町で音楽会を開いたりして交流を深めている。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト