静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ひな人形、労ねぎらう 桃の節句合わせ法要 袋井・可睡斎

(2018/3/4 08:16)
ひな人形をねぎらった法要=袋井市の可睡斎
ひな人形をねぎらった法要=袋井市の可睡斎

 「可睡斎ひなまつり」開催中の袋井市久能の可睡斎で3日、桃の節句に合わせてひな人形の労をねぎらう法要が執り行われた。参拝者らは人形の数々を通じて物を大切にする心を学んだ。
 同寺では供養の目的で集まったひな人形に再び光を当てようとひな祭りを実施していて、4回目の今季は約3千体が並ぶ。国内最大級の段数を誇る32段約1200体の特設ひな壇を前に佐瀬道淳斎主が読経し、参拝者は続いて焼香した。
 佐瀬斎主は「命が粗末に扱われる時代だからこそひな人形を拝み、いただいた命を大切にしてほしい」と参拝者に語り掛けた。
 可睡斎ひなまつりは4月3日まで。同寺によると、この日までに約3万5千人が来場したという。拝観料500円で小学生以下は無料。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト