静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

浜松・天竜高生が区のPRビデオ制作 6日に発表会

(2018/2/2 08:54)
編集したビデオを確認する生徒=浜松市天竜区二俣町の天竜高二俣校舎
編集したビデオを確認する生徒=浜松市天竜区二俣町の天竜高二俣校舎

 浜松市天竜区の県立天竜高総合学科2年の生徒が、地域振興に熱心な区内の人材を紹介し、区の魅力をPRするビデオを作った。6日に同校の学習発表会で披露する。区役所と連携し、区の広報ビデオなどにも今後使われる見込み。
 映像では、2015年に管理者不在で閉鎖された龍山町のキャンプ場を「龍山秘密村」として17年4月に再生した村長の川道光司さんや、高齢化が進む春野町の集落で訪問販売業を営み、「猿ちゃん」の愛称で親しまれる猿田光里さんら5人が紹介されている。
 2年の山本敦士さん、神谷功貴さん、笠原佑津希さん、高田彩海さん、鈴木佑菜さんの5人が「天竜区を盛り上げるにはどうしたらよいか」と議論し、ビデオ制作を企画した。
 区役所で情報を集めた上で訪問先を決め、昨年の夏休みなどに訪問した。地域振興に関心が高い同校卒業生の大学生や専門学校生も巻き込んで、取材や映像編集を行った。
 春野町出身のメンバー鈴木さんは「取材を通して地元のいい所を再発見できた。人口減少をチャンスと捉える考え方も新鮮だった」と話した。
 6日午後1時半から開かれる学習発表会「天竜ゼミナール」では、ビデオを制作した5人を含む2年生30人が6グループに分かれ、主に地域活性化策について考えた成果を発表する。

西部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト