静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

洋菓子審査最高位 浜松の専門学校教師、静岡県内で初受賞

(2017/11/8 08:08)
受賞した(左から)塚田さんと作品、久松さん、岩崎さん=浜松市中区の東海調理製菓専門学校
受賞した(左から)塚田さんと作品、久松さん、岩崎さん=浜松市中区の東海調理製菓専門学校

 国内最大級の洋菓子コンテスト「ジャパンケーキショー」で、東海調理製菓専門学校(浜松市中区)の洋菓子専任教師塚田悠也さん(35)の作品が全作品中で最高位のグランプリに輝いた。同コンテストでのグランプリ受賞は県内初。
 国内外の菓子職人や、製菓学校の生徒らが洋菓子作りの技や味を競うコンテストで、このほど審査会が開かれた都内の会場には計約1750点が並んだ。塚田さんは、あめ細工とそれに合わせたケーキを出品する「味と技のピエスモンテ」部門に出場した。
 あめ細工は、リンゴと妖精がテーマの高さ約110センチの大作。土台のリンゴから滑らかにつるが伸び、てっぺんではリンゴを持った妖精がほほ笑む。「あめの艶にこだわった」という塚田さん。審査ではあめ細工のストーリー性や加工技術、リンゴを使ったドーナツ状のケーキの味が高く評価され、部門だけでなく全体で最高の評価を得た。
 搬入時にあめ細工の一部が壊れるアクシデントもあった。「急きょ直して持ち込んだので、グランプリは驚いた」と喜びを語った。
 同コンテストの学生部門では、同校2年の久松遥香さん(20)が白雪姫を題材に仕上げたマジパンで銀賞を、同2年の岩崎瑠佳さん(20)がかわいらしいひよこを描いたバタークリーム仕上げの作品で銅賞をそれぞれ獲得した。

西部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト