静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

自慢の屋台が街彩る 森のまつり、5日まで

(2017/11/4 08:12)
引き回しを前におはらいを受ける関係者=森町の三島神社
引き回しを前におはらいを受ける関係者=森町の三島神社

 遠州の秋祭りの最後を飾る「森のまつり」が3日、森町中心部で始まった。5日まで14地区が勇壮果敢に自慢の屋台で「遠州の小京都」を彩る。
 町によると、祭りは三島神社の祭礼として古くから執り行われ、現在の形式の屋台引き回しは江戸時代に始まったという。初日は同神社で式典が開かれ、関係者が3日間の安全を願った。宮司からおはらいを受け、二輪屋台14台は街中へ引き回しに繰り出した。
 4日は午後1時40分から同神社で神輿(みこし)渡御を行う。最終日は午後0時半から、金守神社から三島神社への還御を予定。同6時からは宮仕えした舞児を自宅まで送り届ける「舞児還(がえ)し」でクライマックスを迎える。午後7時ごろからは、屋台同士を近づけて体をぶつけ合う練りが町中心部で繰り広げられる。

西部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト