静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

アサギマダラ 中区に飛来 浜松の男性が発見、撮影

(2017/11/3 08:28)
群馬県から飛来したアサギマダラ=浜松市中区(峰野敏男さん提供)
群馬県から飛来したアサギマダラ=浜松市中区(峰野敏男さん提供)

 長距離移動で知られるチョウ「アサギマダラ」の群馬県でマーキングされた個体がこのほど、浜松市中区で発見された。同区葵西の自営業峰野敏男さん(72)が自宅近くの花畑で撮影し、関係者に照会して判明した。
 個体は峰野さんが10月20日昼ごろ、駐車場敷地内で育てているフジバカマの花畑で見つけた。羽に記された標識番号をインターネットで検索し、電話で問い合わせるなどして9月19日に群馬県北西部の中之条町でマーキングされたことを確認した。移動距離は直線距離で221キロに上るという。
 観察のためにアサギマダラが密を好むフジバカマを6年前から生育している峰野さんは「毎年飛来してくるが、マーキングされた個体の発見は初めて。とても感激した」と振り返る。峰野さんも昨年からマーキングしていて、「自分が標識を付けた個体をどこかで誰かが見つけてくれたらうれしい」と話した。

西部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト