静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「原産森町」に児童驚き 特産の治郎柿収穫

(2017/10/31 08:58)
大場さん(中央)に教わりながら柿を収穫する児童=森町谷中
大場さん(中央)に教わりながら柿を収穫する児童=森町谷中

 森町立宮園小の3年生50人は30日、同校近くの大場篤さん(76)=同町円田=の所有する同町谷中の畑で、町特産の治郎柿の収穫を体験した。
 事前に大場さんから柿の種類や栽培方法などを学んでいた児童は、柿の木60本ほどが生えた約7アールの畑に入って収穫に取り組んだ。大場さんの手ほどきを受けながら大きい物で直径15センチ、重さ500グラムほどの逸品を専用のはさみで慎重に切り取った。
 治郎柿は森町が原産とされる甘柿で、江戸末期の農民松本治郎が幼木を育てたのが始まりとされる。男子児童は「有名な柿が森町で作られているなんてびっくり。甘みが詰まっていそう」と声を弾ませた。
 大場さんは10年ほど前からボランティアで同校3年生を対象に収穫体験会を開いていて、「地域の皆さんのためにできることは何かと思い、続けている」と目を細めた。

西部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト