静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

びょうぶや絵本原画80点 日本画家森谷さん個展 御前崎

(2017/10/5 08:15)
美しいびょうぶが飾られた森谷さんの作品展=御前崎市門屋
美しいびょうぶが飾られた森谷さんの作品展=御前崎市門屋
森谷さん(右から2人目)からびょうぶの描き方を習う生徒たち=御前崎中
森谷さん(右から2人目)からびょうぶの描き方を習う生徒たち=御前崎中

 本紙朝刊に「ジャポニスムふたたび」を執筆中の日本画家森谷明子さん=静岡市駿河区=の個展が3日、御前崎市門屋の静岡カントリー浜岡コース&ホテル・カルチャーフロアで始まった。天皇、皇后両陛下とスペイン国王夫妻が4月に静岡市葵区の静岡浅間神社で対面された際、背景に使われたびょうぶや絵本の原画など約80点が飾られている。森谷さんは同日、御前崎中で出前授業も行った。個展は11月12日まで。
 対面の背景に使われたびょうぶは、神々しい富士山と、美しい山桜が描かれた四曲一双の大作。2015年に奉納した同神社から借り受けた。森谷さんが好んで描くという渦巻きや、あでやかなフジの花など多彩なびょうぶが並ぶ。世界平和を願って描いた絵を収録した詩画集「国褒めの歌」の原画37点も展示した。
 御前崎中では、美術の授業でびょうぶ制作を進めている2年生にアドバイス。「線を引くというより絵の具を載せる感じで」などと一人一人に声を掛けながら胡粉(ごふん)で白く絵を描く作業を指導した。2年生の沢部萌さんは「絵の具のメリハリの付け方がとても勉強になった」と話した。5、10日には浜岡中でも出前授業を行う。
 個展の問い合わせは同フロア<電0537(86)2025>へ。

西部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト