静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「ぼんぼり」30年ぶり復活 浜松・天竜区の秋祭り催事

(2017/10/4 08:45)
ぼんぼりの打ち合わせをする住民=浜松市天竜区春野町の仇山地区
ぼんぼりの打ち合わせをする住民=浜松市天竜区春野町の仇山地区

 浜松市の山あい、天竜区春野町の仇山地区で、約30年前に途絶えた秋祭りの催事「ぼんぼり」をことしから復活させようと、地域住民が20日夜の本番に向け準備している。過疎化が課題の地域で「子供も参加して楽しめる祭りに戻したい」と意気込んでいる。
 祭りは同町気田の南宮神社の例祭。本祭前夜の宵祭りで、地域の子供が自作した木製の灯籠を持って山の集落を練り歩く催事をぼんぼりと呼び、秋の風物詩になっていたが、子供が減ったため取りやめた。
 同地区の人口は約100人。大半が70歳以上の高齢者で中高生はいないが、最近、小学生以下の子供が6人になった。同地区出身で小学生の子供を2人持つ市職員鎌倉久由さん(41)が「かつてのにぎわいを取り戻したい」と、自治会などに働きかけ、復活することになった。
 祭典長の鏡田哲之さん(64)は「自分が子供時代は夜の山に浮かぶ明かりが幻想的だった」と振り返る。祭り好きの副自治会長和田旬市さん(64)は早くもぼんぼりを手作りし、子供たちに作り方を教えている。
 仇山自治会長の森田秀俊さん(62)は「若連が解散して自治会が祭りを運営するようになり、年々さみしくなっていた」と復活を歓迎する。
 ぼんぼりを行う宵祭りは20日午後6時から、21、22の両日には本祭が営まれる。

西部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト