静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

天竜川の生物、親子で学ぶ 浜松、静新SBSチャレンジクラブ

(2017/10/2 08:40)
水槽で泳ぐ天竜川の魚を観察する子どもたち=浜松市南区の水辺の楽校
水槽で泳ぐ天竜川の魚を観察する子どもたち=浜松市南区の水辺の楽校

 静新SBSチャレンジクラブ「水辺の生き物たちと楽しもう!」(静岡新聞社・静岡放送主催)が1日、浜松市南区河輪町の天竜川河川敷にある親水施設「水辺の楽校」で開かれた。静岡県西部の小学3~6年生の親子約40人が天竜川の生き物や水質について学ぶプログラムを楽しんだ。
 天竜川治水90周年記念事業の一環で、国土交通省浜松河川国道事務所などが運営に協力した。天竜川や支流に生息する20種類以上の生き物を観察するコーナーでは、天竜川漁協の組合員が水槽で泳ぐ魚や貝、甲殻類などの生態を紹介。児童はアユやウナギを網ですくい上げたり、ザリガニを触ったりした。
 市立新津小3年の男子児童(9)は「2年かけてオタマジャクシから成体になるカエルがいるのは知らなかった」と驚いた様子で話した。
 検査薬を使って天竜川の汚れを調査する実験や、生き物を捕らえる仕掛け「セルビン」をペットボトルで作る体験も行った。

西部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト