静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

社会人招き「未来授業」 湖西・鷲津中生が仕事学ぶ

(2017/9/30 08:46)
赤ちゃんがどのように生まれてくるかを説明する金田さん(右)=湖西市立鷲津中
赤ちゃんがどのように生まれてくるかを説明する金田さん(右)=湖西市立鷲津中

 湖西市立鷲津中は29日、社会人38人を講師に招き、さまざまな職業について学ぶ「未来授業」を行った。2年生約170人が参加し、5人前後ずつのグループに分かれて講師に質問などを行った。
 講師は絵本セラピスト、スポーツインストラクター、美容師、農家など。生徒は興味のある講師2人を選び、50分ずつ授業を受けた。生徒は事前に考えておいた質問を繰り出し、学習シートにメモを取りながら学んだ。
 市内で助産院を営む金田葉子さんは新生児の人形と骨盤の模型を使い、赤ちゃんが母親からどのように生まれてくるのかを説明した。生徒たちは「今まで一番大変だったことは」などと質問した。授業を受けた生徒は「助産師さんの仕事の大変さがよく分かった。人間の命の重さも実感した」と話した。

西部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト