静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

臨時列車「井の国号」運行 16日から天竜浜名湖鉄道

(2017/9/13 08:12)
秋季臨時列車「井の国号」をPRする天竜浜名湖鉄道の社員=浜松市天竜区二俣町の天竜二俣駅
秋季臨時列車「井の国号」をPRする天竜浜名湖鉄道の社員=浜松市天竜区二俣町の天竜二俣駅

 天竜浜名湖鉄道は16日から、秋季臨時列車「井の国号」の運行を始める。一部車両には井伊家の象徴である赤備えの甲冑(かっちゅう)を身に着けた武将姿の車掌が乗り込み、沿線を案内する。11月26日まで。
 臨時列車は3月から運行しているが、武将姿の車掌の登場は初めて。NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」にちなんだ演出で、観光客の気分を盛り上げる。車掌業務のほか、沿線にある直虎ゆかりの地を紹介する。天竜二俣駅の停車中など業務の合間には、写真撮影にも応じる。
 井の国号は土日祝日の連休、16~18日、10月7~9日、11月23、25、26日の計9日間、上り下り各1本を運行。武将姿の車掌が乗車するのは、掛川駅を午前9時29分に発車し、天竜二俣駅に10時11分に到着する下り列車快速区間のみ。
 車掌の瀧口翼さん(34)は「乗客のみなさんに楽しんでもらいたい一心で行う。気軽に声を掛けてほしい」と話した。

西部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト