静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

エネルギー問題、理解深める 御前崎・浜岡東小児童

(2017/9/9 09:00)
放射線の性質に関する実験を見学する子どもたち=御前崎市の浜岡東小
放射線の性質に関する実験を見学する子どもたち=御前崎市の浜岡東小

 御前崎市立浜岡東小の6年生は、総合学習で「エネルギー問題と浜岡の未来」をテーマとした授業に取り組んでいる。同校管内には中部電力浜岡原発が立地することから、エネルギーのあり方について理解を深める狙い。6日は原発の長所と短所を学んだ。
 6年生52人は、1学期に浜岡原発の構内を見学した。原子力や火力、再生可能エネルギーのメリットやデメリットも話し合った。同日は、中電浜岡地域事務所の担当者が同校を訪問。実験を交えながら、原発は発電量が多く、発電時に二酸化炭素を排出しない一方、強い放射線を出し人体に影響があるため厳重な管理が必要なことを教えた。
 今後、火力や再エネについても同様の学習を進め、2学期中に自分たちの考えをまとめる計画。

西部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト