静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

企業主導の保育園誕生 学習塾経営会社運営、磐田で初

(2017/9/2 09:29)
入園式を終え、保育士らと触れ合う園児=磐田市立野のあいきゅーぶ保育園
入園式を終え、保育士らと触れ合う園児=磐田市立野のあいきゅーぶ保育園

 学習塾経営のアイキューブ(磐田市)は1日、市内初の企業主導型保育園「あいきゅーぶ保育園」を同市立野に開園した。内閣府の制度を利用し、国が運営費と整備費の一部を補助する。入園式には、乳幼児と保護者ら約30人が出席した。
 子育て中の同社の従業員支援や待機児童解消を目的に開設した。定員は12人。半数は同社と提携企業の従業員枠となる。
 知育を重視した教育が特徴で、週4回の外国人講師による英語学習や俳句の朗読を行うほか、絵本約350冊を管理し、家庭に貸し出す。昼食は自園調理で、園児の体調に合わせた献立や離乳食にも対応する。
 対象年齢は6カ月から3歳までで、保育士4、5人体制で活動する。建物は木造2階建て、延べ床面積約250平方メートル。床や壁にはパイン材を多用し、食堂やウッドデッキなどを設けた。
 小池克幸園長(37)は「入れて良かったと思ってもらえる園を目指したい」と話した。

西部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト