静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

市民映画が撮影開始 俳優や地元住民ら、袋井で熱演

(2017/8/16 08:39)
太田監督(前列中央)の指示を受けて撮影に臨む板尾さん(右)と市民俳優ら=袋井市小山
太田監督(前列中央)の指示を受けて撮影に臨む板尾さん(右)と市民俳優ら=袋井市小山

 中東遠地域を撮影地にした市民映画製作プロジェクトによる作品「明日にかける橋」が14日、袋井市でクランクインした。市民から選ばれた出演者と俳優板尾創路さんが撮影に臨んだ。
 撮影には出演者とエキストラに地元住民を積極登用し、重要な役どころもある「市民俳優」を太田隆文監督らが6月にオーディションで選んだ。初日は同市の自動車整備工場で、主人公の父役の板尾さんと市民俳優が時系列の異なる場面での演技に取り組んだ。
 撮影は同市と磐田市、森町で行われ、「ふくろい遠州の花火」を舞台の一つに過去と現代が交錯するストーリー。「涙と感動の青春・家族ムービー」で、主演は鈴木杏さんが務め、板尾さんのほか田中美里さんや宝田明さんも出演する。
 市民俳優とエキストラ約370人のほか、交通整理や撮影準備などでも多数の地元住民が製作に関わっている。撮影は8月いっぱいで終え、2017中の完成、18年秋の全国公開を目指している。

西部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト