静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

魚の夜間生態を観察 浜松・ウォットが初企画

(2017/8/4 09:02)
水族館のような幻想的な雰囲気が漂う夜間営業中の館内=浜松市西区の浜名湖体験学習施設「ウォット」
水族館のような幻想的な雰囲気が漂う夜間営業中の館内=浜松市西区の浜名湖体験学習施設「ウォット」

 浜松市西区の浜名湖体験学習施設「ウォット」は25日までの毎週金曜日、初の夜間営業イベント「ナイトウォット」(午後6~9時)を開催している。
 夜間営業中は館内を暗くし、約200種の生き物を展示した水槽の照明も紫色のLEDライトなどに変更する。暗闇を好むクエが泳ぐ様子、マツカサウオのあごのあたりが光る現象など、夜間ならではの生き物の姿を観察することができる。午後7時半からは、同館学芸員が魚の特徴などを説明するガイドツアーも開く。専門学校生が同館を舞台に制作した5分ほどのドラマも放映する。
 ナイトウォットの入館料は大人310円(昼間の入館料は別途必要)。高校生以下は無料。18日は県民の日の事業実施日として、昼・夜ともに無料開放する。

西部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト