静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

直虎の時代、アプリで再現 浜松市が観光VR製作

(2017/4/28 08:58)
スマートフォン用アプリで再現した戦国時代の井伊谷城周辺
スマートフォン用アプリで再現した戦国時代の井伊谷城周辺

 浜松市はこのほど、井伊直虎ゆかりの史跡をバーチャルリアリティー(VR)で再現したスマートフォン用アプリ「まるっと直虎観光VR」をつくった。特定の史跡を訪れアプリを起動すると、スマホの画面に直虎が生きた時代の史跡の様子が再現され、バーチャル観光を楽しめる。
 アプリでVR画像を楽しめるのは井伊氏が本拠地としていた同市北区引佐町の井伊谷城跡、菩提(ぼだい)寺の龍潭寺、井伊家居館跡の3カ所。史跡内でアプリを立ち上げスマホをかざすと、現実にはない昔の建物や風景が広がり、戦国の井伊谷を体感できる。
 市の委託を受けSBSプロモーションなど4社が製作。市文化財課が協力し、古い地図や絵図、市で行った測量調査の結果を参考に戦国時代の史跡を再現した。
 スタンプラリー機能もあり、所定の市内68カ所の観光スポットでスタンプを集めると、対象店舗でプレゼントがもらえる。
 市はアプリをダウンロードできる専用コードが書かれたチラシを観光施設に随時配布する。問い合わせは市観光シティプロモーション課<電053(457)2295>へ。

西部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト