静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

レンタサイクル好調 直虎効果、寺社仏閣巡り 浜松・気賀駅

(2017/4/16 08:02)
奥浜名湖観光協会の職員(左)からおすすめスポットの説明を受けるレンタサイクル利用者=浜松市北区細江町の天竜浜名湖鉄道気賀駅
奥浜名湖観光協会の職員(左)からおすすめスポットの説明を受けるレンタサイクル利用者=浜松市北区細江町の天竜浜名湖鉄道気賀駅

 浜松市北区の奥浜名湖観光協会が天竜浜名湖鉄道気賀駅(北区細江町)で実施するレンタサイクル事業が好調だ。同市が舞台の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送が始まった1月から、利用者が急増。浜名湖の自然に加えて歴史ある寺社仏閣にも注目が集まり、利用の呼び水になっている。
 浜名湖周辺の観光関係者が湖沿いの天浜線の駅など7カ所に設置したターミナルで自転車を貸し出し、周遊してもらう取り組み。各ターミナルで利用者は増加傾向だが、大河ドラマ館が近くに開館した気賀駅は突出して伸びているという。
 気賀駅ターミナルでのことしの自転車貸出件数は3月末までに175件(前年同期比130件増)。同協会の荘司哲事務局長(32)は「複数あるおすすめコースを丁寧に説明し、リピーターの獲得につなげている」と手応えを話す。
 これまでは気賀駅を出発し浜名湖沿いを走るコースが中心だったが、龍潭寺や井伊谷城跡といった直虎ゆかりの地を巡る利用者も多い。朱印集めをしているという女性(46)=大阪市=は「事前の調べでバスの乗り継ぎが思うようにいかなかったので、自転車を使うことにした。龍潭寺などを時間が許す限り回りたい」と話した。
 荘司事務局長は「レンタサイクルを通じて、ドラマ放送終了後も奥浜名湖地域に足を運びたくなるような体験を提供したい」と話した。

西部トピックスの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト