静岡新聞NEWS

静岡県東部観光振興、自転車どう活用 沼津で事業者ら討論

(2019/3/16 08:18)
自転車を通じた県東部の観光振興を議論する4人のパネリスト=沼津市のプラサヴェルデ
自転車を通じた県東部の観光振興を議論する4人のパネリスト=沼津市のプラサヴェルデ

 沼津、伊豆、伊豆の国、函南の3市1町でつくる狩野川周辺サイクル事業推進協議会は14日夜、サイクル事業講演会(静岡新聞社・静岡放送協力)を沼津市のプラサヴェルデで開いた。県東部の観光振興に自転車をどう活用するかをテーマに、自転車事業者ら4人がパネル討論で議論を深めた。
 ミヤタサイクル(東京都)の福田三朗氏、時之栖(御殿場市)の栂根広行氏、加和太建設(三島市)の本多大典氏に加え、お笑いトリオ「安田大サーカス」の団長安田さんが参加した。
 討論で、県東部で自転車競技が開催される2020年の東京五輪・パラリンピックへの対応策について、福田氏は「まずは地元の人が自転車文化を知らないとおもてなしができない」として、自転車の認知度向上に取り組む考えを示した。栂根氏は外国人観光客向け多言語パンフレットの作製を挙げた。
 本多氏は自社で力を入れるE―BIKE(電動アシスト付き自転車)に触れ、外国人観光客でも気軽に利用できる環境整備に取り組みたいとした。安田氏は新幹線に自転車を置くスペースの確保を求めた。
 このほか、福田、栂根、本多の3氏がそれぞれの自社で展開する自転車事業を紹介した。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト