静岡新聞NEWS

歌舞伎俳優へ、4月デビュー 小森さん、熱海市長に抱負

(2019/3/15 08:15)
歌舞伎俳優としての抱負を語る小森さん=熱海市役所
歌舞伎俳優としての抱負を語る小森さん=熱海市役所

 国立劇場の歌舞伎俳優研修所を修了し、4月にデビューを飾る熱海市の小森龍成さん(22)が14日、市役所に斉藤栄市長を訪ねて意気込みを語った。
 小森さんは父親の勧めで幼い頃から三味線や日本舞踊などに親しみ、次第に華麗な歌舞伎俳優の道を志すようになった。2017年に試験を突破して研修所へ入り、2年間にわたって歌舞伎の基礎や楽器の演奏などで厳しい稽古を続けてきた。今後は17代目市村家橘さんを師匠に、坂東千代蔵の名で活動していくという。4月からは“即戦力”として早速公演に出演することが決まっている。
 小森さんは「歌舞伎は一生修業の世界」とし、「もらった名前を大きくし、お客様に喜んでいただける舞台を務めたい」と抱負を述べた。
 斉藤市長は「熱海出身の歌舞伎俳優として大成してください」と激励した。

東部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト